渋谷のおすすめクラブでハロウィンナイト!

EVENT

 

夜のハロウィンイベントもたくさんある渋谷。

クラブで踊りあかすハロウィンもいいと思いませんか?

おすすめの店舗をご紹介します!

 

Sound Museum VISION

 

 

渋谷の道玄坂にあるSound Museum VISIONというクラブは、重低音にこだわりを持つ東京で一番といえるような音圧を感じるでしょう。心臓があまり強くない人には、悪酔いに気をつけてほしいです。

 

都内最大の260坪という大きなスペースは、1つのフロアに4フロアとして構成されています。バーカウンターも6箇所ありますので、素敵なお酒をすぐ楽しめます。

名前の通り音楽ジャンルは特定せずにオールジャンル、誰もが好きなように踊れるのです。スタッフ対応の評判が高いことも、人気の一つでしょう。

客層は、幅広く老若男女問いませんし外人もいます。ナンパも少ないので、女性でもあまり心配せずに入れますよ。

コミュニケーションが得意な人は、友人を作るのも可能です。

 

Club WOMB

 

Club WOMBは、Sound Museum VISIONと並ぶくらい人気なクラブです。

EDMを中心としたイギリスの人気クラブ・DJ専門雑誌DJ Magのクラブランキングtop100に、ランクインされた数少ない日本のクラブ。

 

1階は、DJを間近で感じられる小さいスペースとなっています。通な1階も魅力的ですね。

螺旋階段を上がっていき2階につくと、4階まで吹き抜けとなる圧巻のメインフロアが目の前に現れるのです。Club WOMBは、メインフロアが最大の特徴となり、多くの人が体を揺らし夜を楽しんでいます。

 

客層がDJ Magにもランクインされていることから、外国人も多く遊びにきます。

外国人と一緒に、グローバルなClub WOMBを堪能してみては?

 

TK SHIBUYA

 

 

大人気だった老舗店舗T2 SHIBUYAが閉店し、その跡地にTK SHIBUYAとして開店しました。

 

基本的には、T2 SHIBUYAとあまり変化はないようです。場所、店内や外見も共に同じ。

特に集客率が高く、平日も盛り上がっているTK SHIBUYA。

ナンパが多いので、女性で苦手な場合は注意が必要です。

ナンパする人の年齢層が高く、出会いを求めて行くにはいいかもしれませんが、踊りたいだけの人には向いていないクラブでしょう。

音響設備がよく、DJ前の近くでは会話ができないほどの爆音ですが、嫌な音圧ではありません。

体感すれば、きっと心も奪われちゃいますよ。

 

VIP席も人気です。ゆっくり楽しみたい人にはぴったりですね。

 

Club Harlem

 

ハーレムと聞いたら、女に男が囲まれているという想像が思い浮かびますよね。

しかし、このクラブの名前はアメリカにあるニューヨークのハーレムという地域を示しています。

ニューヨークを代表する危険な場所ですが、ブラックミュージックが発展していき、ヒップホップの名所となっています。

 

オーナーも、その名所をクラブの名前にするくらいヒップホップが好きなのでしょう。

1997年にオープンして以来、R&Bやヒップホップを流してきたClub Harlem。

今では、ヒップホップの聖地として有名になりました。認知が低かったヒップホップですが、長年に渡り流し続けました。

その結果から、ヒップホップが好きなファンの支持も厚いのです。

 

ナンパはあまりないので、ヒップホップを純粋に楽しみたい人におすすめです。

 

Club camelot

 

 

少しゴージャス感のある店内。サブフロアはR&Bやヒップホップが流れ、メインフロアでEDMがメインにかかっています。

控えめな音量で、ハウスなどが流れるラウンジスペースもあるので、踊り疲れて休憩するにはいい感じですよ。

メインフロアでは、場所によって音が違いますので、踊りたい場合は前、お酒を嗜むなら後ろで楽しみましょう。

 

周りにクラブは少ないですが、古くから営業していることもあり、安心感があります。タバコのメビウスなどもスポンサーについています。

学生が多いので、客層は若めですね。ナンパもあるので、苦手な人はレディースシートで楽しみましょう。

 

フロアの音で前方は爆音なので、初めて遊びに行く人は気をつけましょう。

 

 

興味があるクラブはありましたか?

他にも、魅力的なクラブを探してみては?

以上のおすすめした店には、ハロウィンイベントを開催しているクラブもありますので、ぜひ、遊びに行ってみてください。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。