日本でハロウィン大流行のカギ!

HALLO WEEN

欧米とは違い独特なカルチャーになりつつある日本のハロウィン。その理由について、流行の歴史を踏まえながら説明します。

 

・きっかけはテーマパークから

2000年閉館の、日本初のゲームメーカーが運営するテーマパーク、二子玉川ナムコ・ワンダーエッグで行われていた『ワンダー・ハロウィン』と、キディランド原宿店で1983年から現在も続いている『ハローハロウィーンパンプキンパレード』が、国内ハロウィンイベントの先駆けでした。

 

とはいえ、当時はハロウィンがテレビやメディアで取り上げられる機会はあまりなく、日本には定着しないと思われていました。

ところが、ユニバーサル・ジャパンとディズニーランドの2大テーマパークによって、認知度が高まっていったのです。

ユニバーサル・ジャパンは開業翌年の2002年から『ハリウッド・ハロウィンイベント』を開始。

ディズニーランドでは1997年から、ゲストがそれぞれ仮装してトゥーンタウンに集結する『ディズニー・ハッピー・ハロウィン』が始まると大人気イベントに。

その後、さまざまなメディアによるビジネス戦略が功を奏して、ハロウィンはもっと日本中に知れ渡ることになりました。

ハロウィン人気のきっかけは、テーマパークの影響によるところが大きかったといえるでしょう。

 

・新しいもの好きの国民性

若者を中心に街中やテーマパークなどで盛り上がっている日本独特のハロウィンブームは、アメリカやその他の国のハロウィンとはまったく違います。

海外のハロウィンは、秋の収穫祝いや、悪霊を追い出すという宗教的な意味合いが強い行事。日本のお盆のようなものです。日本人で知っている方は少ないのでは!?

最近では、クリスマスやバレンタインデーと同じ商業的イベントと思っている方が圧倒的ではないでしょうか。

どのような海外の文化でも日本流にアレンジして、新しいイベントとして楽むことができるのが日本人の国民性。

実際、日本のクリスマスやバレンタインデーは、海外のそれとは違うイベントになっていますよね。

もともと日本人は、四季おりおりの年間行事好きで大切にする民族。秋の行事がひとつ増えることに抵抗がないどころか、大歓迎なのかもしれませんね。

 

・コスプレ好きも相まって

 

他のイベントにはない仮装という楽しみがハロウィンにはあります。

日本ではハロウィンが流行る前から、アニメやゲームに登場するキャラクターになりきるコスプレが流行っていました。

そのような土壌があったから、子供たちが仮装を楽しむハロウィンであっても、すんなり受け入れることができたのでしょう。

ハロウィン当日は街中のいたるところでコスプレを競い楽しむ場面が見られ、とても盛り上がっています。

特に渋谷は、変わったコスプレを好む若者が数多く、圧倒されてしまうほど。

昨今の若者を中心としたコスプレ文化との相性がよかったことも、ハロウィンが爆発的に流行した理由に挙げられます。

 

・SNSも大きい火付け役

 

ハロウィンの衣装のかなりの量が、楽天・アマゾン・メルカリなどで売買されているといいます。なかでも最近若者たちの間で流行しているメルカリは大人気。

メルカリでハロウィンの衣装を売買する理由として、以下が挙げられます。

「出品数がたくさんある」

「実際に着た写真が見られるので、どんな感じがわかる」

「去年、使ったと思われる衣装を安く購入できる」

「一度着た衣装は、次のハロウィンに出品して売ることができる」

 

メルカリを通じて、若者たちはハロウィンの衣装を売買し合っているのです。

ハロウィン当日は、非日常的な写真を撮ることができるので、インスタやフェイスブックといったSNSに写真をアップする人が多くいます。

大半はSNSウケを狙って、衣装を購入するとのこと。日本のハロウィンならではといえるでしょう。

 

・おまけ:トリックオアトリート!へのお返事

 

欧米などの海外におけるハロウィンでは、思い思いの仮装をした子供たちが、「トリックオアトリート!」と言って、近所にお菓子を貰いに回る光景を目にします。

 

最近の日本でも、徐々に広まっているようです。

もしも子供たちが、「トリックオアトリート!」と現れたら「ハッピー ハロウィン!」、または「トリート!」と答えてあげましょう。

それが本場のハロウィンの礼儀なのです。

 

いかがでしたか?

日本には馴染みがなかったハロウィンが定着したのには、いろいろな理由があったのです。

これから先もハロウィンの流行はまだまだ続きそうですね。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。