ハロウィンの歴史って知ってる?知ってる人も復習!

HALLO WEEN

ハロウィンの歴史を正しく認識している方は日本ではあまりいないのでは。単なる仮装バーティーと思われているのが現実です。

この機会に、歴史・起源・意味を理解しておけば、ハロウィンがより楽しくなりますよ。

 

・ハロウィンってなに?

キリスト教の万聖節(11月1日にあらゆる聖人を記念する祝日)の前日、10月31日がハロウィン。

数千年前の古代ケルト民族の祭りが起源。秋の収穫を祝って神々に収穫物を奉納し、悪霊を追い出す祭りです。

古代ケルト民族にとって大みそかにあたる10月31日

その夜は、死者の霊が家族のもとに訪れるといわれていました。

日本のお盆とよく似ていますね。その際に、悪霊や魔女なども一緒についてくると考えられていました。

そこで、たき火や仮面を被るなどして、魔除けを行っていたそうです。

その昔、ハロウィンは万聖節(All Hallow’s)の前日であることから、All Hallow’s Eveと呼ばれていました。

やがて、Hallow E’enと変化・短縮されて現在のハロウィン=Halloweenと呼ばれるようになったのです。

 

・仮装で身を守る?

 

ハロウィンといえば、東京・渋谷で派手に繰り広げられる仮装パーティーと思う人がほとんどではないでしょうか。

でも、本来のハロウィンの意味とはかなりかけ離れています。

ハロウィンの夜に、家族のもとに訪れる悪霊や魔女を追い返すために、仮装をするのです。

悪霊や魔女に連れ去られないように、オバケのような仮装をすれば身を守れると考えられていたのであります。

ですからなるべく怖く見える仮装をするのがベスト。

その年に流行したキャラクターを取り入れている日本の仮装は、とってもナンセンスといえるでしょう。

 

・街がカボチャだらけになる理由は?

10月31日のハロウィンが近くなると、街中あちらこちらで目にすることが多いオレンジ色のカボチャ。

このハロウィーンのカボチャには『ジャコランタン』(Jack-o’-Lantern)という名前があります。

その語源は、ジャックのランタン。本来はかぼちゃの中にろうそくを入れて、ランタン(ちょうちん)として玄関先に飾るものなのです。

昔、天国にも地獄にも行けないでいたジャックという悪人が、ランタンをぶら下げたままで、さまよっていたという話が元になったとのこと。

ちょっと怖いエピソードですね。

ハロウィーンを盛り上げるために『ジャコランタン』は欠かせません。

アメリカでは玄関に『ジャコランタン』が置かれている家に行けば、お菓子がもらえると思われています。

うかつに置くと面倒なことになりそうですね。

 

・お菓子はなんのため?

オバケのような仮装をした子供たちが、 「Trick or treat! 」と言って、近所の家を回ってお菓子をもらいに現れます。

この起源は、ヨーロッパの古い風習『Souling(ソウリング)』。

11月2日の死者の日に、成仏できずにいる霊のために、近所の家々を回って『ソウルケーキ』というお菓子をいただいて、亡くなった人を供養する風習があったといいます。

『ソウルケーキ』を渡さないと、成仏できない霊が悪事を働くと思われていたことから、「Trick or treat! 」(お菓子をくれないといたずらするぞ) という行為が生まれたようです。

子供たちにお菓子を渡すときには「 Happy Halloween! 」のひと声を添えることをお忘れなく。

もともと宗教的な意味合いが強かったハロウィン。日本においては、国や宗教を超えて子供から大人までが楽しめるイベントになってきています。

 

・番外編「ケルト人を知ろう」

 

中央アジアの草原から、馬と戦車・馬車といった車輪付きの乗り物と共に、ヨーロッパに渡来したインド・ヨーロッパ語族ケルト語派の言語を用いた民族がケルト人。

中央アジアで移住生活を営んでいた長身・金髪の遊牧系民族が、ケルト人の祖先との説が有力といいます。

古代ローマ人は、ケルト人のことをガリア人と呼ぶことが多くありました。

古代ローマ帝国の将軍ユリウス・カエサルは『ガリア戦記』という著作の中で、古代ローマの北方に勢力を固めていたガリア人を征服する様子を書き残しています。

ケルト人とガリア人は厳密には同一の対象を示す概念ではありません

現在のケルト人という概念は、言語・文化の区分を示すことを目的に近現代になってから作られたもの。

古代のケルト人がどのような生活を送っていたのかは不透明な部分が多くあります。

 

ハロウィンの成り立ち歴史を説明してきました。

以上をきちんと理解して、年に一度のハロウィンをエンジョイしてください。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。