• HOME
  • Article
  • HOME
  • 実はこれ自分で作りました。インスタ映え手作りハロウィン飾り

実はこれ自分で作りました。インスタ映え手作りハロウィン飾り

HOME

手作りのハロウィン飾りを自慢してみては?

たくさん作って、目指せインスタ映え!

 

 

立体感がいい紙粘土

 

紙粘土は形も自由自在に変えられますし色もさまざまなので、一番手作りしやすい飾りです。

紙粘土は、100円ショップにも売っているほどのお手頃価格ちぎったり練ってこねるなどの動作は子どもも大好きなので、一緒に作っても楽しめますよ。

白い紙粘土もお化けの形にして、乾いたら油性ペンで顔を書いてあげるとかわいい飾りが出来上がります。

オレンジの紙粘土を丸くし縦線をつけ、仕上げに緑の紙粘土で作った葉っぱを乗せればハロウィンに欠かせないカボチャの完成です。

他にも、クッキーやペロペロキャンディーなどのお菓子を紙粘土で作り、ディスプレイ用のカゴやお皿に並べるとかわいいですよ。

オシャレに飾り付けた写真をInstagramにアップしましょう。手作りといえば驚かれること間違いなしです。

 

 

いろんな演出がしやすい画用紙

画用紙では、立体的な形のものやガーランドなどの飾りができます。

細長く切ったオレンジの画用紙を放射線状になるように重ねていき、真ん中をホチキスでとめてズレ防止をしておきましょう。

画用紙の端を合わせて丸く見えるようにホッチキスでとめ、緑の画用紙で作った葉っぱを乗せて張り付ければ立体的なカボチャの出来上がりです。

ガーランドも簡単に作れちゃいます。

飾りたい大きさを考えて、画用紙を必要な分だけ半分に折り畳みます。同じ形に切り抜いた2枚の画用紙を重ねるイメージです。

紐に取り付ける部分が残るようにしましょう。最後は、紐に取り付け、のりやホッチキスでとめればガーランドの完成です。

他にも、画用紙を好きな形に切り抜き、後ろに牛乳パックの切ったものを取りつけ、LEDライトを通せば丁度いい間接照明になります。

たくさん挑戦してみてくださいね。

 

 

割らないように気をつけて!バルーンアート

バルーンアートは子どもが喜びますし、飾るのもかわいいですよね。

バルーンアート用の風船と、専用の空気入れを調達しましょう。

残る部分が8㎝くらいになるまで空気を入れます。縛った口をバルーンの中に押し込み、外側から縛った部分だけをつまんで人差し指を抜き出しましょう。

それをねじってとめればヘタができます。

その下は、10㎝ごとにねじりながら巻きつけていきましょう。折り返し、ヘタの部分の長さでねじってしばりつけます。

また、同じくらいの長さでねじり、2本の間をまたいでいくという繰り返しです。

最後の少し余った部分を縛り付け、黒い紙で目や口を切って張り付ければカボチャのバルーンアートが完成です。

作っている最中に、時々割れそうなスリルを感じれて面白いですよ。ただ、実際割れてしまうと危ないので、注意して作りましょう。

 

 

難易度高めの針金

難易度は高めですが、針金でかわいい飾りを作れるのです。100円ショップにも売っていますので、探して調達してみましょう。

針金を曲げたり伸ばして、文字や絵を作成していきます。いきなり形を綺麗に作るのは難しいので、紙に一筆書きで完成図を描いてみてください。

Happy Halloweenなどの英語は、筆記体にするとかっこいいですよ。その横に、カボチャやコウモリの形を作ればハロウィン感が増します。

針金は、同じ部分を何度も折り曲げて伸ばすと折れてしまう場合もありますので気をつけましょう。

デザインもこったものにすれば、世界でたった一つのきれいな飾りができますよ。針金を繋げていき、大きな飾りを作るのも素敵ですね。

 

 

つい触りたくなるフェルト

羊毛フェルトは、かわいくてふわふわの肌触りをしているのでつい触りたくなりますよね。

ふわふわのまだ何も形にもなっていない羊毛フェルトを、専用のニードル(針)で刺し固めていきます。

そうすることで、繊維が絡まり形にしていけるのです。形も自由自在にできますし、バリエーションは無限にあるといってもいいでしょう。

簡単なのは、クッキー型に入れて刺し固めていく方法です。ハロウィンの雰囲気を出したい場合は、カボチャやコウモリも作ってみるといいかもしれませんね。

用意したクッキー型に必要な分の羊毛フェルトを入れて、ニードルで刺し固めていきましょう。

型から外し形が崩れないくらいできて、側面も刺し固めていけば羊毛フェルトの飾りができちゃいます。

紐で吊るせばガーランドにも使えますし、立体的になるように分厚く作り立たせて飾り置きするのもかわいいですよ。

 

 

 

手作りって大変だけど楽しいですよね。

子どもと一緒に作ったり、趣味としてかじってみては?

2019年のハロウィンも、手作りの飾り付けでインスタ映え!

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。